家庭内暴力が絶えず続く

離婚のギモン&お悩み解決

家庭内暴力が絶えず続く

収まりがきかずにやたらめったら、体がこれ以上は限界を超えてしまう、言いたくはなかったけれど、いずれ知れることであるから打明ける、と知人が話してくれました。彼女は職場の同僚で結婚を機に退職、夫は私の同僚であり同期入社の男性です。密に会話を交わす間柄ではありませんけれど、仲は至って良好で同僚たちの食事も彼を交えて共にすることは多く、二人で出張にも出かけます、外側から見る人物像はそれほど怒りを押し込めているというよりか、あっけらかんと明るい性格に思えますので、打明けられたときはあまり合点がいきませんでした。

そういうものです、彼女は彼の外の性格のまま結婚をし、構えた新居へ移るや言葉から体への殴打がはじまったのだと、以前から二人になるとなじるような発言は耳にしていたものの、私への愛情からでわざと言っている、裏返しの愛情である、と解釈をしていた。思い込んでいただけだったのです、彼女は夏場の猛暑にも薄手のそれは日焼けを避けるための選んだ洋服ではありませんでした。見せてもらった証拠の痣は青く赤く、ところでは紫に、顔へは一切触れないのです、よく理解しこれは知られてはいけない、自分はひどい行いに手を染めていることの証ではと、ただ私は離婚届けの承認ならば手を貸してもよいとは思うが、もちろん同僚と相席の下、彼の了承を得ての話である。この場合は弁護士をまずは立てて相談に伺うべきではないのか、助言は適切であるだろう、この場面を彼に目撃された事態はさらなる混乱を私を巻き込みかねない、もめごとは当人同士に中立の立場を振る舞える第三者が参加要件を満たす、私は彼女らから距離を取りました。

DATE:2016/10/15

ピックアップ記事一覧へ