再婚を考える時の養育費と慰謝料

離婚のギモン&お悩み解決

再婚を考える時の養育費と慰謝料

離婚しました。無事に慰謝料や養育費も支払っていますor支払われています。
そして――再婚したい相手が無事にできました。
そんな時に、気になることが今後の慰謝料や養育費です。

慰謝料や養育費はちゃんと支払ってもらえるのか?慰謝料や養育費はこれからも支払わないといけないのか?

結論から言います。
相手が結婚しても、こっちが結婚しても"慰謝料は"減額されません。(もちろん、相手と話し合うことで減額してもらうように"交渉することは可能"ですが、法律的には減額する義務はないとされるようです)

それじゃ養育費は? となるのですが――実は、結婚した場合には、養育費の減免をすることが"可能な場合が多い"とされています。

何だか、歯の奥に物が挟まったような、あやふやな言い方ですよね?ここで私が微妙な言い回しをした理由なのですが、減額するには「再婚相手の新しい配偶者との間で、子どもが養子縁組をしている場合」や「養育費の支払い者が再婚したことで、扶養家族が増えた場合」という条件が必要なのです。

ちょとだけ分かりにくいですが「慰謝料は再婚しても減額不可。養育費は減額可能な場合が多い」と理解してもらえれば大丈夫です。

ということで、トラブル防止&相手と交渉するために、一度、弁護士さんに相談するのもありです。
1時間5,000円から10,000円程度で相談に乗ってくれますので、今後も数十万円単位で必要となる養育費の相談を、一度してみることをお勧めします!

DATE:2016/08/14

ピックアップ記事一覧へ